• 木工房hana・はなcoffee

『 時を経たもの 』


12月~1月 更なる お店のブラシュアップを図っておりまして...

店内インテリアに 新顔が仲間入りです。

一つ目は 「火鉢」。

お飾りではございません。

毎朝 火をおこした炭をくべ 暖をとっております。

暖房器具の設置にあたり 当初 色々と迷いまして

レトロでお洒落なアンティークストーブといえば...「アラジン」!とか。

一応 エアコンの暖房を ゆる~くかけつつの使用ですので

補助的なスタンスで使える アウトドア用のトーチを検索してみたり。

そんな話を耳にした 常連様からの

「この空間なら 火鉢はどうかしら⁉ 」というご提案。

確かに 明治建築の我が家屋には ファンやストーブより

雰囲気的にもシックリくるかも。

トントン拍子で お手持ちの方から 借りる手筈が整いまして

早速の使用とあいなりました。

実際 使ってみますと これが なかなか良い!すっかりはまっております。

そもそもが アナログ物が大好きな我が家にピッタリ。

そして 遠赤効果でジンワリ優しく暖かい。

なによりも お客様との会話が弾む弾む(^^)

「火鉢」リアル世代のご年配の方々にとっては懐かしく 昔話に花が咲き

若世代にとっては メダカ鉢やグリーンポットとしてではなく

炭を入れ 本来の姿で使用しているのを見るのは初めて だったりと。

いいことづくめです♪

これを機会に 火鉢についても少々リサーチ。

我が家使用物は 「三河焼四方火鉢」。どうやら昭和初期の作品。

資料によると 当時の瓦焼きの窯元が製作した一品のようです。

詳しい方によると 今現在は このような深く濃ゆい藍色具合はだせないそうで...。

磨いて大事に使用したいと思います。

因みに 「炭」は 当初 ホームセンターで入手した「豆炭」を使用しておりましたが

同じ国東で 「炭焼き」をなさっておられる 「国東製炭」さんと繋がり そこから仕入れています。「豆炭」に比べ オイル匂いも全くなく かなり気に入っています♪♪

地元産の「炭」をたいて暖をとる なんだか とっても贅沢です✨

もし 「火鉢」に興味をお持ちの方に 一つお役立ち情報。

実際 使用するにあたり 必要不可欠な「灰」。

幸い 我が家がお借りしたものには 当時の「灰」がそのままでしたので

引き続き使用しておりますが 今 新たに揃えようと思ってもなかなか難しいようで。

一鉢分の「灰」を準備するのに 万かかることなんぞもあるようです。

もし 既存の鉢に 古き「灰」が入っていても 「宝」ですので

ポイとほかしたりしないようにご注意を!

そして もう一人のニューメンバーは「ゼンマイ柱時計」です。

「明治時計株式会社」製造のアンティーク物。

ずっと店内用の時計を探しておりましたが この度 納得のいくものに出会えました。

手元に届いた当初は 動作がイマイチでしたが💦

文字盤と針を外し 歯車それぞれに注油。

すると カタカタとリズミカルに動作開始。

毎時聞こえる鐘の音が なんともノスタルジー。

100年近く時を経ても 部品が壊れない限りは ずっと動き続ける ...

やはりアナログは最強ですね(^^)

タイムスリップした空間を味わいに 

是非「裏通りの珈琲屋」に足をお運びくださいませ☕


85回の閲覧

© 2017  by  Mokukoubou hana & Hana coffee.

873-0502 

TEL : 080-6451-5326

​Mail : kunisaki.hanacafe@gmail.com

大分県国東市国東町田深613