• 木工房hana・はなcoffee

『 ハイパワー !! 』


      カウンターに新しいメンバーが加わりました。

      その名も「ハイカットミル(kalita)」(^^

     その重量 13kg!! もはや町工場にある製作マシーンのようです。

     重厚感もさることながら 作動時 モーター音にしびれます。

     さて 今回 新たなミル購入に至ったいきさつを.......

我が家は 開店当初から 「ナイスカットミル(kalita)」を愛用してまいりました。

      それ以前は 手挽きのミルを使用し,ゴリゴリと。

    あくまで個人的に飲むレベルの量ですので それで十分でして。

さて、いざ 珈琲店を営むとなりました時に 手挽きじゃ間に合わないということで

   吟味に吟味を重ね デザイン性も気に入り 「ナイスカットミル」をget!

商品説明によると「...業務用ミル...勿論 家庭用でも使用可能なコンパクトサイズ」

     とあります。業務用と銘打ってあるし 我が家は小店なので

     よく喫茶店にあるようなめちゃくちゃ大きなミルは

     カッコつけのような気がして このサイズタイプを選択。

説明通りのコンパクトさが とっても気に入り この二年半ガンガン使用致しました。

      さて 先月の初め頃 粉を挽くたびに 金属臭が💦

       心なしか動作音も大きくなってるような。

  色々と検索し調べましたところ モーター付近の問題か....ということに。

     思い切って「kalita」のお客様センターに電話しました。

           そこで 事実が発覚です!

「ナイスカットミル」は そもそも20g~30g挽き用だということ.....。

ホッパーも受け缶も100gのメモリがあるものですから

てっきりその容量いけるのだと思って使用していました↴  

「背面のネジを抜いてみて 黒いススのようなものが付いていれば モーターの問題でしょう」というお言葉。 その通りの現象がおきていました。

私の無知ゆえに ミルに無理をさせてしまい 申し訳ない気持ちでいっぱいです(._.)

  確かに 業務用でも使えますが あくまで毎回少量挽きの喫茶店など向きで

   我が家のような豆販売がメインの店舗には不向きだったということ。

使用状況を伝え おススメ頂いたのが「ハイカットミル」ということになります。

個人的には 業務用の 「ニューカットミル」が縦型でスマートですし気になっていたのですが...

担当の方の話ではカットタイプの挽き方ですのでアイスコーヒーなどの

深煎りオイル系の豆は詰まりやすいという面もあるとの事でした。

 「なるほど~。」

もう一社 珈琲機器の王道といえばの「富士ローヤル」さんにも電話してみました。

「みるっこ」の評判もよく 心惹かれていたもので。

やはり こちらの担当さんも 大型のマシーンを おススメでした。

こちら「みるっこ」も 1.2杯対応のようで 100gなどの挽きには

対応していないようでした。

 という時点で 探す機種を2種類に絞りまして。

 ✓「ハイカットミル(kalita)」71000yenほど

 ✓「R-440(富士ローヤル)」85000yenほど

  ただ....それを即決で買える予算が 今の我が家にはない💦💦

でも早くしないと 今使用中のミルも時間の問題で壊れそう。

      こんな時には オークション頼みです。

すると なんと!!

「ハイカットミル」の とても状態の良い物が 18000yen!

しかも「即決」で出品されているのを発見しました!

   早速 主人と話し合い その日のうちに ポチッと購入です。

   只々「かみさま&出品者の方 ありがとう~」です。

そんなこんなで 数日後 無事にミル到着となりました(^^)

大きさを比べてみると アリと象 のようで 驚きです。

  モーターの馬力が桁違いで 作業がサクサクすすみます~♪

   どんな豆挽き作業もドンと来い!です。

  長文になりましたが 「業務用ミル」の話でした。

( ※ 「ナイスカットミル」も我が家の自宅で静かな余生を過ごしております )

#珈琲アイテム

96回の閲覧

© 2017  by  Mokukoubou hana & Hana coffee.

873-0502 

TEL : 080-6451-5326

​Mail : kunisaki.hanacafe@gmail.com

大分県国東市国東町田深613